日商簿記2級の勉強法

簿記検定は誰もが一度は聞いたことのある人気資格になります。その中でも日商簿記はダントツの知名度で毎年多くの人達が受験しています。しかし受験者が多い故に毎年多くの不合格者がいることも事実です。では合格する為にどのような勉強をしていけば良いのか考えていきたいと思います。

ちなみに私は2年前に3ヶ月の勉強期間で見事、日商簿記2級に一発合格いたしました。その経験を踏まえてお話していきたいと思います。是非今後の勉強のお役に立ててください。

まず勉強していく上で必ず決めなければいけないことがあります。独学で勉強するか、通信・通学を利用するかです。私ははじめて簿記検定に挑戦したので、独学だと不安で、通学を利用する時間がないことから通信を利用いたしました。

皆さんはどのスタイルを選ぶか決めましたか?まだ迷っている方の為にそれぞれの特徴を上げてみたいと思います。まず独学に関してですが、色々と疑問符が付きます。もし私が独学で受験していても受からなかったと思います。というより、合格するまでに時間がかかったでしょう。

一番厳しいと思うのがテキストです。何度か書店で日商簿記2級のテキストを見たことがあるのですが、あれらの教材だと受けらないような気がしました。たぶん合格に必要なだけの情報が載っていません。私が利用していた通信と比べて、内容が浅すぎるのです。

これはあとから知ったのですが、書店で販売してあるテキストは学校の関係者が書いてあるもので、本来の目的は学校に来てもらうための宣伝なんだそうです。

つまり本を利用して学校に興味をもってもらうことが目的ですので、市販されている本で合格する為の核心は突いていないと言うことです。ある程度の知識があればたぶん独学でも十分可能なんでしょうが、まったくの初学者は辞めたほうが良いと思います。他にも問題点はたくさんありますが、上げればきりがないので今回はやめときます。

次に通学ですね。私も一度は考えたのですが、サラリーマンとして仕事をしているので、
時間が合わずやめました。あと価格が高いのもネックでしたね。
私の知り合いで、ある有名な学校に通学していた人がいたのですが、その彼は上手くいかなかったようです。原因は講師がぱっとしなかったということでした。確かに何となくわかります。先生が悪いと授業がつまらなくなり、テストの点数が伸びないだけではなくその科目自体も嫌いになりますから。

一応学校選びは慎重におこない無料体験入学もいきその時は凄くわかりやすくてここなら安心と思ったそうです。が、実際に受講して見れば無料体験入学とは全然違う講師で内容も全然違ったそうです。やはり通学は学校選びが難しいのでしょう。もし知り合いでよい学校を紹介してくれれば、通学でも面白いんじゃないでしょうか。

私は前述したように通信を利用していたのですが、はじめは失敗して又別の通信を受講しなおしました。その時感じた通信の魅力と問題点を次のページでお話したいと思います。

高い合格率で有名なフォーサイトが限定キャンペーン実施中!

メニュー

Home

通信講座の魅力と問題点

この勉強法で合格

学力を上げる基本は復習

日商簿記2級の合格率は

簿記の魅力

 

注目の情報

高い合格率で有名なフォーサイトが限定キャンペーン実施中!