風俗嬢に親近感を覚えるくらい通った私の体験談です。

親近感のある風俗嬢

社会人になってからデリヘルを使った

gahag-008369
自分が若い頃は特に風俗関係のサービスを意識していなかった。若い頃ってノリのいい女に声をかければ簡単におっぱいを触ることができるし、うまくいけばその女とラブラブになってアツい夜を過ごすこともできる。ノリで遊んでくれそうな女性を常に何人か抱えていたので、個人的には女関係で寂しい思いをしたことがなかった。でも、社会人になってからは出会いもなくなり軽いノリで遊べた女の子たちは離れていき、自然とデリヘルを利用するようになった。初めはお金を払って風俗嬢とエッチなプレイをすることに抵抗があって、女をお金で買っているような感じがしてすごく嫌だった。でも、何回もデリヘルを利用していくうちに神LEVELの風俗嬢と出会えたしそれに風俗嬢と楽しめるプレイのほうが余計なことを考えなくても済むしすごく楽だと気づいた。性欲処理と言う意味では気楽に楽しめるのは最高だと思う。俺がベッドに仰向けになって目を瞑っているだけで甘美な世界が脳内に広がっていくし、最後は生温い彼女の口の中に発射できるんだ。

嫁に内緒でデリヘルを使ってみた

俺は高校を卒業してから大学に行かずにすぐ就職した。これで大人の仲間入りができると思い、初めから気合いを入れて大人の遊びをしようとしたんだけど上司に止められてしまい、しばらくは仕事三昧の日々が続いた。若いときにしっかり基礎ができる様になれば後々楽になると上司に教えられたので、気合を入れて仕事を頑張った結果しっかり稼げる大人になることができた。大人の遊びを満喫すると若いときは言っていたけど、俺はすでに30代になったし結婚もした。このままでは大人の遊びを楽しむ前に人生が終わってしまいそうなので、嫁に内緒で初めてのデリヘルを利用してみた。デリヘルのホームページを見てみると可愛い風俗嬢がたくさんいたし、すぐにでもエッチなことがしたい相手が見つかった。そのため、彼女を指名して一緒にホテルに行きバスルームで全身リップ等のサービスをじっくりやってもらった。風俗嬢は初めから終わりまで丁寧に愛撫してくれて、最後にはちゃんと発射させてくれた。