学力を上げる基本は復習!

別ページで勉強開始から合格までの勉強法をご説明しましたが、勉強していく上でもっととも重要な復習についてお話いたします。私は正直復習に対してはじめは消極的でした。一度勉強したことを何度も復習するのは億劫でしたし、何より非効率だと感じていましたから。しかし勉強していく内に復習の重要性が少しずつ理解できるようになってきました。例えばどんなに一生懸命覚えても新しいことを勉強していく内に前に覚えたことを忘れてしまっていることに気づいてきます。

「あの問題の解き方どうだったかなぁ」「この単語の意味はなんだっけぇ」など記憶が薄れてきます。ここで一度前に戻り復習するべきですが、先に進んでしまうので勉強したことの効果を発揮できないでいました。皆さんもこのような経験を一度はしたことがあると思います。
これは人間の脳はもともと忘れやすく出来ているので仕方のないことなのです。

そのことを実証したエビングハウスという心理学者によれば単純に覚えたことは一日の内に約74%も忘れてしまうと言うデーターを発表しました。又私が利用していた通信のデーターを引用するとゲイツという科学者が15歳の学生を対象にした実験ではこのような結果もあります。

100%を勉強時間に使い、まったく復習しなかった生徒と勉強時間20%で残りの80%の時間復習に使った生徒とでは復習した生徒はしなかった生徒の2倍以上の単語の数を覚えていたそうです。つまり新しい事を覚える時間よりも復習する時間が長いほうがより効果があるということです。ですので、復習は本当に大切な勉強だと言うことです。

又復習にも適正なタイミングがあり、忘れやすいタイミングを狙って勉強することにより効果を発揮するそうです。例えば勉強したその日の夜に1回目、翌日に2回目、1週間後に3回目、3週間後に4回目と繰り返していくそうです。そして復習の仕方にも注意してください。

テキストを読むだけでは駄目です。ただの単純記憶になってしまいますから、問題集を使うことです。問題集を使い復習することで失敗と繰り返しが脳のメカニズムと合致し強固な記憶へと変わっていくそうです。そのことを受講していた通信から習い、別のページで説明しましたが私の復習は問題演習を中心に行いました。

又覚えるときは少しでも記憶しやすいように工夫することも大切ですね。読んで覚えるだけではなく、書いて覚えたり、聞いて覚えたり、見て覚えたり、出来るだけ5感を使ったほうがより記憶をしやすいのではないかと思います。
この勉強が短期間で合格できた要因だと今でも思っています。
皆さんも復習はしっかりと心がけて下さい。合格する人のほとんどは復習を欠かしません。
逆に復習さえきちんとすればより勉強の効果を発揮できて合格への距離が近くなっていくでしょう。

高い合格率で有名なフォーサイトが限定キャンペーン実施中!

メニュー

Home

通信講座の魅力と問題点

この勉強法で合格

学力を上げる基本は復習

日商簿記2級の合格率は

簿記の魅力

 

注目の情報

高い合格率で有名なフォーサイトが限定キャンペーン実施中!