簿記の魅力とは?

私が日商簿記の資格を取ったのは将来行政書士として独立することを目標としていまし、今の仕事でも役に立つと思ったのがきっかけです。簿記の知識を身に付けたことによりおかけ様で今は社内の評価も上がり、行政書士の資格獲得に向けて日々勉強をしています。
皆様も目的を持って簿記の資格取得を目指していると思いますが、このページで今以上に簿記の魅力を知ってもらい勉強の糧にして頂ければと思います。

皆様もご存知の通り簿記とは日々の経営活動を法律に基づき記録・計算・整理して帳簿に記入することを言います。会社の大小、業種、業態を問わない全てに共通いたしますので、必ず必要となる知識になります。主に会社の経理部門で働く方が持っている資格ですが、経営陣もその知識が必ず必要になります。しかし今は、個人の能力を高めていかなくては、生き残っていけない時代になっています。

一社員でも経営的な感覚で仕事をすることが求められますから最低限の知識は必要となります。私も簿記の資格を取ることによりバランスシートの見方がわかるようになり会社の経営状態を把握して、今の会社は何を改善していかなければいけないのかわかるようになってきました。つまり現在会社員として働いていう方は簿記の知識があるだけで仕事の幅を広げることができます。

もちろん就職・転職にも有利になります。この不況下でも経理を求める会社は多くあり、その中の必須条件として簿記の資格が必要とされています。特に学生で就職活動を有利にする為に簿記の資格を取得する方も多いと思います。簿記を必要としない会社はありませんから、是非頑張って資格取得を目指してください。

では簿記の魅力がわかったところで、資格を取って優位に活かすためのポイントをお話いたします。実は簿記の検定試験は日商簿記だけではないことを知っていましたか?日商簿記を入れて3つの検定が存在いたします。他には「全経簿記能力検定試験概要」 「全商簿記実務検定試験概要」があります。このサイトでは日商簿記についてお話していますが、それには理由があります。

日商簿記は3つの検定の中でも就職・転職に有利で、最も権威があり、規模が一番大きいからです。もしどの検定試験を受けようか迷っていたら日商簿記を選択してください。

又仕事に活かしたり、履歴書でアピールしたい場合は2級以上がお勧めでしょう。何故なら2級以上の知識があれば通常の経理業務にたいする知識が身に付きますし、面接でも戦力になると判断されます。もちろん現場での経験を積むことは必要になりますが。

是非これらのことを参考に簿記の試験に臨んでみてください。必ずどこかで皆様の役に立つ資格だと思います。

高い合格率で有名なフォーサイトが限定キャンペーン実施中!

メニュー

Home

通信講座の魅力と問題点

この勉強法で合格

学力を上げる基本は復習

日商簿記2級の合格率は

簿記の魅力

 

注目の情報

高い合格率で有名なフォーサイトが限定キャンペーン実施中!